薬剤師の日々研鑽

薬剤師の日々研鑽

医学部へ学士編入した薬剤師です。基礎的な内容と薬の関連について書いています。内容に関しては最新の情報を参照ください。

薬剤師と医学部学士編入

医学部の学士編入試験に合格し、医学生として学んでいます。

薬剤師が学士編入試験に有利である点を考えてみました。

学士編入試験で問われる科目を履修している

学士編入学試験では、主に生命科学と英語が問われます。

生命科学は、高校の生物・化学・物理に加えて免疫学、遺伝学、生化学、生理学、細胞生物学、分子生物学などの知識が出題されます。
一度履修しているため、理解に要する時間は少なく済むメリットがあります。
薬剤師国家試験の生物の範囲がこれをほとんど網羅しています。

薬剤師業務が試験にも役立つ

薬剤師として薬物治療に貢献しようと、論文を読んでエビデンスを確かめ、医師に処方提案をしていたことで、英語論文を短時間で読み、内容をまとめる能力を身に付けることができました。

また、日常的に触れる薬の作用機序を掘り下げて学んでいくことで、生理学や薬理学、生化学、細胞生物学などの復習にもなり、横断的な知識を手に入れることができます。

受験勉強時にも、薬剤師のアルバイトや派遣として働くことで、人並みの収入を持ちながら勉強を進めていくこともできます。