薬剤師の日々研鑽

薬剤師の日々研鑽

医学部へ学士編入した薬剤師です。基礎的な内容と薬の関連について書いています。内容に関しては最新の情報を参照ください。

糸球体濾過量(GFR)とクレアチニンクリアランス(CLCr)の違い

添付文書で頻繁に見かける糸球体濾過量(GFR:Glomerular filtration rate)やクレアチニンリアランス(CLcr)。
それらの違いや使い分けについてまとめています。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

ろ過・再吸収・分泌

f:id:yashiki5296:20170621115554p:plain
図のように、排泄される物質は、
糸球体でろ過され
尿細管で再吸収
尿細管で分泌

を受ける。



糸球体濾過量(GFR:Glomerular filtration rate)

単位時間あたり(1分間)に、糸球体からろ過された血漿量のこと。
これはつまり、どれくらいの血漿から薬物を排除できたか=クリアランスを表す。
結局、高校の生物で習った、原尿量と同じもの(原尿=糸球体でろ過された血漿)。



血漿から出ていった物質は尿中に排泄されるのだから、
[血漿中から消失した量]=[尿中へ排泄された量]


つまり、
血漿中濃度(mg/dl)×糸球体を通過した血漿量(ml)
=尿中濃度(mg/dl)×尿量(ml)


ここで、
原尿は糸球体でろ過された血漿のことなので、
ろ過しか受けていない血漿中濃度=原尿中濃度
また、糸球体を通過した血漿量=原尿量より

原尿量(ml)={\displaystyle\frac{尿中濃度(mg/dl)×尿量(ml)}{血漿中濃度(mg/dl)}}


なにかの物質に注目して、その尿中濃度と、尿量、血漿中濃度を測定すれば
原尿量つまり糸球体濾過量が産出できる。


一番糸球体濾過量を反映するのは、ろ過しか受けないイヌリンのクリアランス(Cin)。

f:id:yashiki5296:20170621122824p:plain

折田義正 イヌリンクリアランス測定法 モダンメディア 53 巻 2 号 2007 33-39 より引用

イヌリンの持続点滴、頻回な採血と採尿、そして拘束時間を考えると、実臨床で気軽に実施できるものではない。

糸球体濾過量を最も高精度に反映するものの、その測定は現実的ではないため他の指標が求められた。

イヌリンクリアランスに近似している指標

イヌリンクリアランスは最も確実に糸球体濾過量を測定できるが、煩雑で時間がかかる。
そのためより簡便で、真の糸球体濾過量を近似できる指標が求められた。

それがクレアチニンリアランスと推定糸球体濾過量(estimated GFR)。

クレアチニンリアランス

代表的なものは、CockcroftとGaultが18歳以上の成人を対象として推定式をつくった、Cockcroft-Gault式。


クレアチニンは、筋肉に含まれるクレアチン代謝物。
内因性であるためイヌリン持続点滴は不要。血清クレアチニンだけ測定すればいいので採血も1回で済み、診療に用いやすくなった。

Cockcroft-Gault式

eCLCr(mL/min)={\displaystyle\frac{(140−年齢)×体重(kg)×0.85(女性)}{72×血清Cr(mg/dL)
}}
           

◆注意点
・式を見るとわかるように、体重が分子にあるため、肥満の方では腎機能が高く算出されてしまう。

・また、血清クレアチニンと体重が変動がないと仮定して、年齢だけ大きくしていくと、腎機能は1歳で1下がる計算になってしまう。
実際にはそんなに毎年下がっていかないので、高齢者ほど低く計算されてしまう。

クレアチニンはイヌリンと異なり、分泌もわずかに受けているため、20~30%高く算出されてしまう。0.789をかけて補正する必要あり。


推定糸球体濾過量(eGFR)

日本腎臓学会が、日本人の多数の患者のデータを用いて、診断に用いるために作成した推算式。
尿量、ひいては循環血漿量は体表面積に比例するので、小柄な人ではそもそもろ過すべき血漿量つまり糸球体濾過量も少ない。そのため、単位が1.73m^2で補正してある。


eGFR(mL/min/1.73m2)=194×Cr^-1.094×Age^-0.287×0.739(女性)


◆注意点
・投与設計時には体表面積補正を外す。
ここ[研究者・医療関係者の皆さん] ツール - 体表面積、Ccr計算:日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG:Japan Clinical Oncology Group)で体表面積を求めて、eGFR×求めた体表面積/1.73で補正


小柄で筋肉量が少ないような高齢者では高めに算出されてしまう。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

参考文献

エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2009 日本腎臓学会
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村