読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の日々研鑽

薬局薬剤師が日々学んだことについて書いてます。内容に関しては最新の情報を参照ください。

ムコダイン、ムコソルバン、ビソルボン(去痰薬)の作用機序と使い分け

風邪のシーズンには毎日のように去痰薬が出ます。ムコダインムコソルバン、ビソルボン。それらの違いはどこにあるのかまとめてみました。

構造式と作用機序

f:id:yashiki5296:20170127055304p:plain

・アセチルシステイン(ムコフィリン®)はシステインのアミノ基がアセチル化された構造を持つ。SH基を持つため、ムコタンパクのジスルフィド結合(-S-S-)を切断して痰の粘度を下げる。基本的に単独では使用せず、気道拡張のメプチンと併用して吸入することが多い。


・カルボシステインムコダイン®)はシステインの硫黄元素に-COOH(カルボキシ基)が結合しているために、-SH(チオール基)がなくジスルフィド結合切断能はない。杯細胞の過形成を抑制して分泌細胞正常化する。シアル酸とフコースの割合を正常化させて気道粘膜修復を行う


・アンブロキソール(ムコソルバン®)
構造に臭素(ブロモ)が入っている。肺表面活性物質(肺サーファクタント)分泌の促進と線毛運動亢進。


ブロムヘキシン(ビソルボン®)
こちらも構造に臭素(ブロモ)を含む。アンブロキソールの作用に加え、酸性糖蛋白の線維を溶解
肺サーファクタント分泌の促進と線毛運動亢進。

使い分け

喀痰の量が多い⇒ムコダイン
急性期で痰のキレが悪い⇒ムコフィリン
慢性的に痰のキレが悪い⇒ビソルボン OR ムコソルバン(1日1回の徐放製剤があるため負担軽くするならムコソルバン

インフルエンザとの関連

ムコタンパク=ムコ多糖+タンパク
ムコ多糖=シアル酸やフコースなどの糖
インフルエンザウイルスはウイルス表面のヘマグルチニンを、ヒト気道上皮細胞表面のシアル酸へ結合させて感染を行う。
カルボシステインムコダイン®)はシアル酸とフコースの割合を正常な状態へ是正することで作用を発揮するが、喘息やCOPD患者においてインフルエンザ罹患率を下げるというデータがあった。その背景にはウイルスレセプターであるシアル酸を減少させることが関与しているかもしれない。
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2010 Aug;299(2):L160-8

参考文献

・各種添付文書
・倉原 優(2014) 呼吸器の薬の考え方、使い方 中外医学社