読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の日々研鑽

薬局薬剤師が日々学んだことについて書いてます。内容に関しては最新の情報を参照ください。

プリンペランとナウゼリンの違いと使い分け 制吐薬(吐き気止め)の作用機序

プリンペランナウゼリンの違いについて調べてみました。

嘔吐の病態生理と各制吐薬のメカニズム

まずは嘔吐の生理的メカニズムを一緒に復習していきましょう。

f:id:yashiki5296:20161122222357p:plain

「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン2011」より引用


嘔吐は延髄に存在する嘔吐中枢が刺激されることで起こります。
嘔吐中枢は血液脳関門に囲まれているため薬剤によって直接刺激されることは少なく、それぞれの経路から神経伝達されて刺激されます。
その経路は4つに分類されるようです。

①大脳皮質からの経路
脳血管の病変(梗塞や出血)による脳浮腫や、脳腫瘍による頭蓋内圧亢進などの物理的要因や、不安などの精神的要因が嘔吐中枢を刺激します。

②化学受容器引金帯からの経路

延髄の第四脳室底に存在する化学受容器引金帯(chemoreceptor trigger zone:CTZ)は同じ延髄に存在しますが、血液脳関門がなく様々な催吐性の刺激を受け、嘔吐中枢へと伝達します。オピオイド服用による嘔気などに該当します。ドパミンD2受容体やセロトニン5-HT3受容体、ニューロキニンNK1受容体が存在するためそれらの受容体拮抗薬が用いられます。

③前庭器からの経路

前庭では体の動きや内耳障害により刺激され、ムスカリンAchm受容体やヒスタミンH1受容体が関与したニューロンにより、嘔吐中枢を直接もしくはCTZを介して伝達します。中枢への移行性が第一世代の抗ヒスタミン薬が用いられます。第一世代は抗コリン作用も持っているため、乗り物酔いの予防や改善に適している。

④末梢からの経路

咽頭、心臓、腹膜など種々の臓器において機械的刺激により自律神経を介して嘔吐中枢へ伝達します。ドパミン刺激により消化管運動が抑制され、胃内容物が停滞し、消化管の伸展・機械的刺激が起こり嘔吐刺激が伝達されます。また、化学療法などで消化管粘膜障害が起こると、腸クロム親和性細胞からセロトニンが放出され自律神経を介して刺激が伝達されます。D2遮断薬で末梢でD2受容体を遮断することでアセチルコリンが遊離され消化管運動が亢進します。

プリンペランナウゼリンの違い

2剤の違いは血液脳関門の透過性の差にあります。
プリンペランは透過性が高いため上記の②CTZを介した中枢性、④末梢性嘔吐の両方へ作用します。
ナウゼリンは透過性が低いため④の末梢性嘔吐へ主に作用します。

次の場合における消化器機能異常(悪心・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感)//胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆のう・胆道疾患、腎炎、尿毒症、乳幼児嘔吐、薬剤(制癌剤・抗生物質・抗結核剤・麻酔剤)投与時、胃内・気管内挿管時、放射線照射時、開腹術後。
X線検査時のバリウムの通過促進。

整形外科においてトラムセットが処方されますが、オピオイドによるCTZでのμ受容体刺激がドパミン遊離を促し、ドパミンD2受容体を介して嘔吐中枢を刺激するため、嘔気予防としてプリンペランが併用されます。中枢への移行性が悪いナウゼリンでは効きが悪いようです。

次の疾患および薬剤投与時の消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満、上腹部不快感、腹痛、胸やけ、あい気)//慢性胃炎胃下垂症、胃切除後症候群、抗悪性腫瘍剤またはレボドパ製剤投与時

効能の違いを見ると、ナウゼリンにはレボドパ投与時の記載があります。
レボドパと言えばパーキンソン病治療薬ですが、その病態は脳内ドパミン量の低下が関与しており、そこにドパミンD2遮断のナウゼリンを投与すると病態が悪化しそうに感じます。しかしナウゼリン血液脳関門を通過せずパーキンソン病の重要な部位である黒質線条体への移行性が低いためレボドパによる消化管運動低下を改善し、嘔吐治療薬となりえているのでしょう。


一方でナウゼリンはn -オクタノール/pH7.4 緩衝溶液の分配係数が3.2と脂溶性が高いため、動物実験においてですが胎盤透過性の高さが懸念され、禁忌にも記載があります。

f:id:yashiki5296:20161123001328p:plain
プリンペランは中枢移行性が高いために黒質線条体ドパミンにも拮抗してしまい、錐体外路症状の副作用出現頻度がナウゼリンに比べ高くなっています。


参考文献

・がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン2011
・各種インタビューフォーム

薬剤師の転職